Vue.jsでフォームバリデーション 2

イエネル/ February 7, 2020/ Others/ 0 comments

こんにちは、今回VUE.JSでプラグイン使ってフォームバリデーションします。 バリデーションする為に、必要プラグインは vee-validate です。 下記のNPMコマンド実行して、プラグインをダウンロードします。 次は、 vee-validate を私たちのプロジェクトで使える為にインポートします。 バリデーションスクリプトはこちらです。 このコードを実行するとエラーの場合 ’電話番号は9~16桁にする必要があります。’表示します。

エラーメッセージをSlackへ送信

イエネル/ January 10, 2020/ Python/ 0 comments

こんにちは、今日はパイソンで例外などメッセージをSlackチャンネルに送りましょう。 パイソンからSlackへデータ送信するには、下記のライブラリーは必要で。https://github.com/os/slacker 次は、notify_slack.pyファイルを作成します。取り合えず、グローバル変数の設定します。 今から送信メソッドを作ります。 これだけです。パイソンからSlackへデータ送信するのはこんなにかんたんです。バイ

Vue.jsでフォームバリデーション

イエネル/ January 8, 2020/ Others/ 0 comments

こんにちは、今日はVue.jsでフォームバリデーションのこと書きます。 とりあえず、フォームを作成します。 HTMLフォームに書いてある「novalidate=”true”」の目的はブラウザーのバリデーションをバイパスするためでした。novalidate=”true”を追加で入れない場合は、私たちの作ったバリデーションコードを実行する前にブラウザー自分でバリデーション起こします。次は、Vue.jsコードを書きます。 これだけです。フォームの送信ボタン押すとVue.jsのcheckFormメソッドは実行してバリデーションします。

パイソンで.EXE作りましょう!

イエネル/ November 8, 2019/ Python

こんにちは、 パイソン勉強初めの時から気になったことをやった出来ました。 今日はパイソンプログラムからWindowsPCで実行出来るEXEファイルを作りましょう。 取り合えず、Python 3.7をインストールします。インストール完了前に表示してる画面でパイソンをWindowsのパスに登録します。 次のステップはpyinstallerをインストールします、インストールする為にWindowsのコマンドプロンプトを立ち上げて下記のコード入力し実行します。 好きなテキストエディターを開いて下記のコード貼り付けて保存します。私はファイル名をhello.pyにしました。 Windowsのコマンドプロンプトをを開いて前のステップで作ったパイソンファイルの場所まで行って、下記のコードを実行します。 下記の用な画面表示するつもりです、もし、同じ画面出なかったら最初から確認しながらやり直して下さい。 全てのプロセスは上手く行けば下記の用なフォルダーを自動的に作成します。 上記に表示してるスクリーンショットにある「dist」と言うフォルダーは私たちの作ったEXEファイルがあります。 exeファイルを実行した結果はこれです。

パイソンで append()とextend()の違い

イエネル/ October 23, 2019/ Python

append() appendは配列の一番後ろに一つエレメント足します。 パイソンでリストはオブジェクトですので、別のリストをターゲットリストにそのまま足します。 extend() extendは足してあるリストの中にあるエレメントを一行ずつターゲットリストに入れます。 備考:パイソンで string はイテレータです。まし、文字をそのままextendするとターゲットリストは下記のように変更します。

vuejsでプラグインなしでプロセスバー作ろう

イエネル/ October 13, 2019/ Home, Others

こんにちは、VUEJSに対して初めての記事を書いてます。初めの記事で一緒にサードパーティプラグイン使わずにプロセスバー作りましょう。 ステップ1:VUEJSのテンプレート作ります。 ステップ2:ボタンのonclickイベント ステップ3:CSS 上記のVUEJSコード説明します。 Animate ProgressBar と呼ぶボタンをクリックするとanimateProgressBarメソッドを実行します、このメソッドはただのJavascriptスレッドです、0.5秒ごとに再実行します、毎回実行するとprocessStatusにstepsで設定した数字を足します。 次はv-bind:style=”{width: processStatus + ‘%’}”このprocessStatusを見て、そこに書いてある数字をスタイルに入れます。実際動かすとプロセスバーのスタイルは下記の方に変わります。 スレッドの中にあるIF文書でプロセスバーは100%になってるかどうか確認します。プロセスは100%になったら IF分の中のコード実行してclearInterval(this.intervalId) スレッドを完了する。 ソースコードの全部です。 次のポストまで。

Kravmaga

イエネル/ September 14, 2019/ Kravmaga/ 0 comments

This is me… I was main action figure 🙂 (Bad one of course) of all those shots… This is my studio